病院IT化

以前勤務していた病院(約160床)に続き現在、勤務している病院(約300床)のIT化を行っています。 備忘録もかねてメモしています。

電子カルテ

電子カルテは、C#で作成した完全オリジナル版です(DBはPostgreSQL)。長年かけて1人でコツコツと作成してきました。 現在は、電子カルテ本体というよりは部門システムなどの周辺ソフト開発がメインになっています。

入院カルテ
入院カルテの起動時画面

病棟別患者一覧、主治医別患者一覧、入院予定一覧、依頼一覧、緊急治療一覧、スタディ一覧、TDM一覧、SCU押し出し順一覧、看護必要度一覧、 看護必要度集計、入院経過サマリ一覧、退院/転棟方向性一覧、オペ/カテ日程、主治医別入退院一覧、急変時対応マーカー、禁忌項目マーカー、 カンファレンス表示、入院基本情報設定、感染症情報、持参薬表示、腎機能表示、ホルター所見、EEG所見、患者メモ、差し込み印刷、入院病歴、 既往歴簡易、既往歴詳細、喫煙歴、飲酒歴、アレルギー歴、家族歴、職業歴、身体所見、画像所見、その他所見(JCS、GCS、mRS、NIHSS、ASPECTS、ASPTCTS-DWI、 Hunt & Kosnik、Fisher、WFNS、CHADS2、CHADS2-VASc、身長、体重、頭囲、胸囲、腹囲、BMI計算)、多職種対応の記録、温度版(バイタル、IN/OUT、検査、処置、補正、安静度、Signなど)、 入院経過サマリ履歴、担当者(医師、看護師SW、PT、OT、ST、その他 それぞれ5人まで登録可)、病棟/病室/ベッド登録と履歴、書類(入院診療計画書、 退院療養計画書、診断書、証明書、診療情報計画書、経過報告、画像印刷、第一報報告、医師退院サマリ、直達手術記録、血管内手術記録、看護サマリ、 患者氏名ラベル、入院誓約書、指定抗菌薬使用届、リハ総合実施計画書、栄養指導報告、地域包括ケア病棟入院診療計画書、入退院支援計画書)、 画像依頼(X線一般、CT、MRI、RI、読影)、検体検査依頼、生理検査依頼(ECG、ABI、EEG、ホルター、エコーなど)、院内処方箋、院内注射箋、食事箋、 リハ以来、手術依頼、細菌検査依頼、画像メディア作成依頼、血液製剤依頼、栄養指導依頼、身体拘束指示など

外来カルテ
外来カルテの起動時画面

膨大な機能(特に入院カルテ)をご覧ください。

PACS

勤務前からT社製のPACSが導入されています。バックアップ用としてdcm4cheeサーバを運用しています。 dcm4cheeのインストール方法などを記載しています。

dcm4chee Archive5がリリースされました。最新のJAVAとJBoss AS(WildFly)で使用することできます。
dcm4chee Archive5 トップ画面

生理検査

ECG、EEGの結果を、低価格で多数のPCから閲覧可能なビューワを利用しています。 ビューワ使用時のセキュリティなどについて記載しています。

イントラネット

これもオリジナル版です。オペ予定などは電子カルテとも連動させています。

イントラネットの起動時画面