クリニック統合サーバー

クリニック統合サーバーの自力運用が難しい施設向けに、有料の保守サービスを行っていただけるIT企業を募集しております。
画面右の「ご意見など」からのご連絡をお待ちしております。

概要

クリニック統合サーバー クリニック統合サーバーは、左図のように多彩な機能を収容しています。 クリニックの運営で必要となる主要な機能、医事会計、電子カルテ、PACS、業務支援ツールのサーバーを1台にまとめることができます。 しかもサーバー構築に必要なソフトウェアは全て無料です。

サーバーの主要機能につては下記を参照してください。
Ubuntu(OS):無料
電子カルテ:自作(無料)
業務支援ツール:自作(無料)
ORCA(医事システム):日本医師会無料
dcm4chee DICOM Archive 5 light(PACS):無料

実際に2017年7月開院の服部あたまクリニック向けに、クリニック向け統合サーバーを用意しました。 現在(2017/6)、開院に向けて用意したサーバーとクライアントPCでトレーニングを行っています。 → 開院後も問題なく稼働しています(クリニック統合サーバー導入事例を参照してください)。

服部あたまクリニックでは、これらの機能を1台のサーバーで提供しました。 実際には、同じソフトウェア構成で処理性能が少し低い予備サーバーとの2台構成で提供しています。 冗長性を高めるための2台構成なので、1台でも稼働させることができます。

電子カルテは、現在勤務している病院(300床)でも使用しているものです。非常に多くのネットワーク機器や周辺機器を制御することができます。 部門システムの機能も用意されています。


クリニックから病院まで、医療IT実現には多額の費用がかかるという間違った認識を打ち砕くためにユーザーメード開発を続けています。
クリニック向けでは、医事システム(ORCA)、PACS(dcm4chee Archive 5)、自作ORCA連携電子カルテ、自作業務支援ツール(いずれも無料で使用できます)を1台のサーバーに集約するシステムを提案しております。

※自作のORCA連携無料電子カルテは、300床の病院の外来(150人以上/日)で使用されているものをベースに改造したものです。

現在自力でORCAを運用されているクリニックで、電子カルテ業務支援ツールを使ってみたい場合もご相談ください。 その際の主要ソフトウェアの価格は、以下の通りになります。
外来電子カルテ本体価格:無料
業務支援ツール本体価格:無料
インターネットサービス:未定

ソフトウェア構成

医事会計はORCA、PACSはdcm4chee、電子カルテ業務支援ツールは自作のものをベースに改造しました。
※今回は外来カルテしか使いませんが、サーバー機能としては入院カルテにも対応しています。

主な電子カルテと業務支援ツールの改造は、ORCAとの連動です。 以下の項目で連携できるように改造を行いました。

  • 患者ID
  • 患者情報
  • 保険情報
  • 送信
  • 受付一覧送信
  • オーダー送信
これらの項目では、細かいレベルまで連携を行っています。 例えば、ORCAでは患者IDの最後にチェックディジットを付加させるか選ぶことができます。 電子カルテ側はこの設定をORCAから読み取り、チェックディジットを付加する設定の場合は患者IDを入力箇所でIDの妥当性をチェックします。

OS

医事会計にORCAを選択した時点でOSはUbuntuになります。 電子カルテ改造の途中でORCAがUbuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)に対応したため、サポート切れまで2年もない14.04にしなくて済みました。 Ubuntu 14.04だったら2017年7月開院で2019年4月にサポートが切れるところでした。

医師会のインストール手順に従うとミラーリングされない××サーバーが完成するのですが、クリニックのITをすべて統括する統合サーバーではありえない話です。 ソフトウェアRAID(RAID1)でインストールしました。

新規開院のため画像ファイルの容量が予測できません。 そのため最初は1つのRAID1ルートパーティションのみを用意し、後々RAID5(RAID6)のパーティションを追加し移行することにしました。 手順は、基本的に病院IT化メモのdcm4cheeのHDD増設手順と同じです(最初のHDD増設はサーバー本体に行う予定です)。

ハードウェア

クリニック全体のデータを記録しクライアントマシンを制御するサーバーマシンが必要となります。 しかし、サーバーといっても特殊なPCを用意する必要はありません。 ハードディスクのミラーリングのために、2台のハードディスクが搭載されている普通のPCを用意するだけです。 ハードディスクは3TBで1台、1万円程度です(それが2台)。

サーバーPCは、部品で組み立てても良いのですが、BTOパソコンを購入するのが簡単だと思います。 BTOパソコンならWindows無しのモデルを選ぶことができます(その分価格を抑えることができます)。

例えば、ツクモのBTOパソコン(ミニタワー)で価格を調べて見ると以下のようになります。
Core i5-7400、メモリ16GB、HDD 3TBのミニタワーで7.5万円(税、送料別)
※2018年3月現在
これに、3TBのハードディスクをもう追加すればハードウェアの準備は完了です(プラス約1万円)。
またプラス約2万円で、Core i7-7700のモデルも選べます。

2017年導入時のハードウェア

開発中は、古いPCにUbuntu 14.04をインストールして使っていました。 その後、ORCAがUbuntu 16.04に対応したため開発環境も移行しました。

実機は、1世代前のSkylakeで組みました。CPUはCore i7、HDDは3TBでミラーリング、メモリは16GBといったスペックです。
次はKabylakeで組んで見たいと思います。 AMD Ryzenも興味がありますが、まだ無謀な気もします。 →IntelのMeltdown問題もあり、AMD Ryzenでサーバーを構築し試験を行っています(ただし、Ubuntu 17.10です。またCentOS7ではフリーズ頻発です)。

ソフトウェア費用

医事システム、PACS、電子カルテ、業務支援システムは、全て無料です。 しかし薬事認定を受けたPACSビューワは、電子画像管理加算のために必要となります。 約13万円のものが今のところ最低価格ではないかと思います。

その他にも心電図をPCで閲覧したい場合にも何らかのソフトウェアを購入する必要があります。 心電計の新規購入時には、大幅な値引きが期待できると思います。 服部あたまクリニックでは、勤務中の病院と同じフクダ電子の心電計と関連ソフトウェアを使用しています。

ハードウェア費用

ハードウェアで最も高額なのがサーバーです。 高額といっても10〜15万円です。 この1台のサーバーでクリニックに必要なITの機能を集約することができます。

それ以外は、Windows PC、モニタ、プリンタ、テプラ、バーコードリーダー、ハブなど必要に応じて購入します。 Windows PCは5〜8万、プリンタは2〜3万など、何れもAmazonなどで調達できるものです。

下記は、クリニックのIT化に必要な機器を厳選したものです。 実際、服部あたまクリニックでも、この一覧の中から購入してもらいました。

2018年12月現在の状況

ハードウェア

2018年12月現在、HDDは3TBの金額で4TBのものが購入できるようになりました。 24時間稼働するPCでの使用が推奨されている、SeagateのIronWolfやWestern DigitalのREDシリーズでも1.5万円程度で購入できます。 また、DDR4のメモリ価格も大分下落し8GB×2が1.5万円で購入できるようになってきました。

OS(Ubuntu)

2018年12月現在、Ubuntuの最新バージョンは18.10(Cosmic Cuttlefish)がリリースされています。 またLTS版は、18.04(Bionic Beaver)です。 また、バージョン17ではデスクトップUIがUnityというものに変越されていて使いにくかったのですが、バージョン18からはGNOMEに戻されました。

病院で使用する新規サーバーは、AMD Ryzenに統一しOS Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)を使用しています。

IntelのCPUに関しては、ちょうど第9世代が出回り始めています。 こちらについては、まだUbuntu18.04が動作するか検証していません。 もう少し世代の移行が進んだら、Intelの第9世代CPUもUbuntu 18.04が動作するかを検証が必要になると思います。

ORCA Ver5.1.0

これまでORCAを使用するには、Ubuntu 16.04を使用する必要がありました。 Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)で動作するORCAについては2018年10月にリリース予定と発表されていましたが、10月に入ってもなかなかリリースされませんでした。 しかし、ついに12月20日にリリース(事前提供)されるとのアナウンスがありました。 もうすぐ古いPCにORCAをインストールする必要がなくなると思います。
事前提供 最新情報